6000件 を超す解約実績
 
電話相談 無料 朝7時〜深夜2時 まで 電話対応 投資マンション 事例集
クーリングオフ 手付解除。契約を断りたい。ご相談 よくある 解約妨害
マンションの購入を迫る、訪問販売
アンケートなどの名目で突然自宅に訪問してくる、

マンションの購入を迫る、訪問販売

契約を断ろうとすると、圧迫気味に説教をしたり、人格否定を始める、押し付けがましい勧誘が特徴です。

何かあると、担当者がすぐに自宅に押しかけてくるため、断ろうとしても簡単にはいきません。

よくあるご相談
ある日、自宅に不動産会社の担当者が訪問してきた。
不動産に関する意識調査をしているとのことで、
アンケートへの協力を求められた。
担当者を部屋に入れたところ、幾つか質問をされ、
なぜか後日また会うことになった。
再度会ったところ、マンションの購入を勧めてきた。
契約を断ろうとしたが、担当者が怒り出した。
「契約しないのは甘え」
「あなたの将来のために勧めているんだ」
「真面目に考えろ」などと、なぜか説教されてしまう。
断ろうとしても、長時間自宅に居座り、説教を続ける。
10時間以上居座ることもあり、なかなか断れない。
何度も自宅にやって来て、「物件を見にいこう」などと
マンションの見学や、営業所に連れて行かれた。

販売される物件は、3000万円〜4000万円台の新築マンション、ファミリー物件や、コンパクトマンションが多く、

今すぐマイホームを持つべき。いつまでも賃貸で暮らすのは甘え。
今すぐに住む予定が無いなら、逆に好都合。賃貸に出せば資産運用になる。

などと、本人の意思を無視した、強引な勧誘が行われます。

担当者が自宅に長時間居座り続ける。
深夜になっても帰ってくれない。10時間以上居座ることも。
断ろうとすると、なぜか怒り出す。
断ろうとすると、「契約しないのは甘え」
「自分の人生に無責任」などと、説教される。
「そんなことだから、お前は駄目なんだ」などと、
なぜか自分の全人格を否定してくる。
担当者が自宅に直接来るため、なかなか断れない。
居留守を使おうとしても、自宅前に居座ったり、
自宅前で騒ぎ出して、近所迷惑となる。
警察を呼んでもまるで気にしない。
逆に、警察官に食って掛かり、追い返してしまう。
断ろうとすると、「営業妨害だ、裁判してもいい」などと
脅されてしまう。
解約したいと申し出ても、そのたびに担当者が
すぐ自宅に押しかけて来て、説き伏せられてしまう。
マンションの訪問販売 勧誘の特徴
「投資マンションの勧誘」 では、賃貸用のワンルームマンション(20u〜30u)が勧誘の中心となるのに対し、マンションの購入を迫る訪問販売では、

自己居住を目的とした、2LDKなどのファミリー物件が多く見られます。
40u前後のコンパクトマンションの勧誘や、
中古マンションをかなり割高な価格で勧誘するケースもあります。
最近では、ワンルーム投資マンション(20u〜30u)を
訪問販売の形で勧誘するケースが増えつつあります。

賃貸マンションに住んでいる方、特に、独り暮らしの方が勧誘対象となります。
自宅に訪問を受けて、自宅で説得される

その後、マンションの見学に連れ出される

営業所やモデルルームで契約書にサイン
勧誘のきっかけとしては、

突然、自宅に訪問してくるタイプ
アンケートの名目、不動産の意識調査の名目などを利用して、担当者が突然、自宅に訪問してきます。

最初の訪問でいきなり契約を迫られることは少なく、多くの場合、

マイホーム購入についての、一般的なアドバイス
アンケート名目での、個人情報の聞き取り調査

にとどまります。最初の訪問は下準備であることが多く、後日、本格的な勧誘が始まります。
事前に電話でアポイントをとり、訪問してくるタイプ
担当者が電話をかけて、住宅ローンが組めそうな相手かどうか、事前に個人情報を聞き出し、アポイントを取った上で訪問してくるタイプもあります


訪問販売で、突然マンションの購入を勧められても、ほとんどの方は購入の意思を持っていないため、普通に勧誘しても断られてしまいます。

そのため、最初のきっかけ作りとして、アンケートの名目、不動産の意識調査の名目で訪問します。最初のうちは、勧誘する目的を隠し、個人情報を聞きだそうとします。

住宅ローンが組める相手かどうか、勤務先や年収、借り入れ状況の確認
勧誘を開始しても逃げられないように、あらかじめ勤務先を聞き出しておく

アンケートを口実に、勤務先や年収、借り入れ状況など聞き出します。

個人情報を聞きだした後、2回目の訪問、あるいは3回目の訪問で、マンションを購入するよう、勧誘を開始します。

しかし、いきなりマンションの購入を勧めても、普通は断られてしまうため、押し付けがましい勧誘となりがちです。

賃貸マンションの否定
いつまでも無駄な家賃を払い続けるのはおかしい。
家賃を払い続けても、財産として何も残らない。
いいかげん、こんな無駄なことは止めるべき。
一体いつまで賃貸に住み続けるつもりなんですか?
今の家賃と同じ水準で、ローンを組むことが出来ます。
あなたにピッタリの物件を探してきてあげます。
人格の否定
その歳になって、まだ賃貸に住んでいるなんて
自分に甘えている。自分に対して無責任です。
一国一城の主となって、きちんと身を固めないと。
マイホームを持つことで、自分に対する腹決めになる。
契約しないのは甘え。自分から逃げている。
そんな甘えた考えだから、いつまで経っても駄目なんだ
こっちは、あなたのためを思って勧めているんだ。
あなたの将来を想って、物件を探してきてあげたのに、
断るのはおかしい。人として間違っている。
人の話を真面目に聞け。そんな態度だから駄目なんだ

などと、独特の 「説教勧誘」 「人格否定」 が始まります。

断ろうとしても、「契約しないのは、人として間違っている」などと、延々と説教が続きます。「マンションを買わない人」=「人生の敗者」 という、不思議な論理で人格否定されます。

自宅という、他人の目の届かない、密室にも等しい場所で、

担当者 対 自分
担当者 + その上司 対 自分

という状態で、威圧的な勧誘が続きます。

契約に同意するまで、担当者は何時間でも居座ります。10時間を越えるケースも珍しくありません。お昼頃に訪問してから、深夜、翌朝まで居座り続けるケースもあります。

また、その日の勧誘を乗り切ることが出来ても、日を改めて勧誘が続き、契約に同意するまで何度も訪問してくることがあります。

契約に同意するまで、何度も訪問してくるケース
居留守を使おうとしても、オートロックをすり抜け、
玄関先で騒ぎ出し、ドアを蹴り続けるなど、
近所に迷惑をかけてしまうケース
担当者が自宅前や、勤務先の出入口付近で
待ち伏せしているケース。担当者につかまり、
そのまま自宅へ付いてくることも

担当者に自宅や勤務先を知られ、顔も知られているため、

断っても、また自宅に押しかけてくる
待ち伏せされる
また自宅に居座られて説教される

契約を断ることが難しい状況に追い込まれていきます。
マンションの訪問販売 勧誘の流れ (概略)
第1段階
住宅ローンが組めそうな相手か、個人情報を聞き出そうとします。
最初はアンケートの名目、不動産の意識調査の名目で訪問し、勤務先や勤続年数、年収や貯金の額、借り入れ状況などを聞き出そうとします。
住宅ローンが組めそうな相手と判断したら、適当な名目で、再訪問の約束を取り付けます。
1回目の訪問では、名刺や連絡先は渡されない事が多く、会う約束をキャンセルしようとしても、連絡先が判らないことがあります。
第2段階
日を改めて再訪問し、勧誘を開始します
2回目、あるいは3回目の訪問で、マンションを購入するよう、本格的な勧誘が始まります。
契約に同意させるため、説教めいた勧誘や、人格否定により、精神的に制圧し、話しの主導権を握ろうとします。

自宅という、他人の目の届かない、密室にも等しい状態を利用して、長時間居座り、説教めいた高圧的な勧誘が続きます。途中で担当者の上司が合流して、勧誘に加わることもあります。
断ろうとしても、すぐにまた担当者が自宅に押しかけてくるため、断ることは容易ではありません。
契約に同意させられると、そのままモデルルームや営業所に連れて行かれることがあります。
あるいは、「週末に物件を見に行こう」などと、再度会う約束をさせられます。
第3段階
営業所やモデルルームに連れ出され、
その場で契約書にサインさせられます
自宅での説得が完了すると、「物件を見に行こう」「物件を見れば気に入るはず」などと、モデルルームや営業所に連れて行かれます。
そのまま、その場で契約書にサインをさせられることに。
常設のモデルルームや、営業所で申込みをした場合、クーリングオフ制度の適用対象から外れるため、この手法が好まれます。
クーリングオフ制度が利用できない場合は、手付解除を検討することとなります。
            マンションの購入を迫る、訪問販売
            よくある勧誘の流れ
            よくあるトラブル、解約妨害
            手付解除、手付解約

  マンションの訪問販売 よくある勧誘 へ進む
  不動産の契約解除は、必ず 内容証明郵便で
 
  クーリングオフ、手付解除 の手続代行と ご相談。 契約を断りたい。
日本全国対応 なので、北海道 から 沖縄 まで、全国から依頼が可能です。
依頼 6000件 を超す クーリングオフ手続代行の実績。確実な方法です。