電話相談 無料 朝7時~深夜2時 まで 電話対応
日本全国から[クーリングオフ手続代行]依頼できます
 053-596-9435
電話対応は 午前7時 ~ 深夜2時
電話相談 無料 年中無休

日本全国 のクーリングオフ手続を代行します
日本全国から[クーリングオフ手続代行]を依頼できます
澤田行政書士事務所
行政書士の澤田です
私が電話に対応します
行政書士
宅地建物取引士
マンション管理士
依頼件数6500件を超すクーリングオフ手続代行の実績
業務経験23年のクーリングオフ手続代行専門事務所です
ご依頼の簡単な流れ
1 お問合せ、無料相談の後、クーリングオフ手続代行依頼
2 契約関係書類を、当事務所へ写真メール送信。FAXもOK
3 当事務所で 内容証明郵便を作成。相手への郵送も代行
4 依頼者様に、内容証明郵便 の本人控えを郵送
5 費用は後日の銀行振込。お支払時期はご相談下さい
6 引き続き、何度でもご相談できます
無料相談、お問い合わせの後、クーリングオフ代行依頼
当事務所に契約関係書類をお送り下さい
スマホ や デジカメ で写真に撮り、メール添付で送信
スキャナー、pdf のメール添付も大丈夫です
FAXでも大丈夫。コンビニのFAXも利用できます
 コンビニでのFAX送信方法
コンビニには、コピー機とFAXが一体になった
「マルチコピー機」 があります。
お勧めは セブンイレブンの コピー機 兼 FAX です
書類作成の代行
行政書士がクーリングオフの内容証明郵便を作成します
郵送手続の代行
行政書士が相手業者に対し、内容証明郵便を郵送します
原則として 依頼当日 に発送手続が完了します
夜間土日祝日 でも、当日中のクーリングオフ手続が可能
夜間の緊急対応
残り時間が数時間 の場合でも、緊急対応が可能です
内容証明郵便には行政書士の名前、事務所名が明記
クーリングオフの効力は郵便局で発送した時点で確定
相手業者に、クーリングオフの内容証明郵便が配達
内容証明郵便の本人控えが、ご自宅あて配達されます
後日、代行費用のお支払
お支払は、後日の 銀行振込 となります
手続完了後の、完全後払い制です

費用のお支払い時期について
ご希望、ご要望がございましたらご相談下さい
例 給料日後がよい 来月がよい、など ご相談下さい
「家族に内緒にしたい」 場合は、ご相談下さい
費用のお支払後も、解決まで何度でもご相談下さい
解決までのご相談に、追加料金は発生しません
クーリングオフ手続費用
契約の支払総額 郵便料金を含めた費用合計
 13万円 未満 費用合計 10,000 円
 13万円 以上 費用合計 13,000 円
 20万円 以上 費用合計 15,000 円
 30万円 以上
500万円 未満
費用合計 17,000 円
投資マンション 費用合計 35,000円 が目安と
なりますが、詳細はご相談下さい
エステ 中途解約 クーリングオフ手続と同じ料金です
リース契約 費用合計 20,000 円
緊急対応 期限最終日の夜間も対応
必ず電話でご相談下さい
 クレジット会社宛ての通知書の分も、含めた費用です
支払総額とは、クレジット分割手数料を含めた額です
クーリングオフご依頼後のキャンセルについて



2015年 東京都中野区から浜松市に事務所移転しました
澤田行政書士事務所
電話 053-596-9435
携帯 090-5431-6377
行政書士の外出時は、携帯電話に転送されます
電話は、午前7時~深夜2時 まで対応しています
土日祝日 も電話対応。深夜でも遠慮なくお電話下さい
ご相談に費用は必要ありません
FAX専用 053-596-9436 FAX専用
gmullet@sky.plala.or.jp
メール相談の際は、下記の記入項目 を参考に
 行政書士 澤田 海 (サワダ カイ)
 静岡県浜松市中央区佐鳴台6-2-21
 静岡県行政書士会 所属
 平成13年(2001年)行政書士登録 第01081361号
 行政書士会の検索ページ で登録を確認できます
クーリングオフ・解約手続の実績

依頼件数 合計 6636件
2001年 開業 ~ 2024年1月 現在

保有資格
行政書士
宅地建物取引士
マンション管理士
管理業務主任者
FP 2級 (ファイナンシャル・プランニング技能士)
賃貸不動産経営管理士(試験合格)
明治大学 政治経済学部 卒
守秘義務
 行政書士は法律で守秘義務が課せられています
 ご相談内容を第三者に他言することはありません
 メールの際は、下記の項目を参考にして下さい
電話でのご依頼ご相談の場合、記入の必要はありません
ご記入は、わかる範囲で大丈夫です
1 契約者のお名前、ご住所、電話番号
2 契約年月日 (申込年月日)
3 契約書・申込書を受け取った日
4 商品の内容 (おおまかな契約内容)
5 商品価格 (消費税込みの現金価格)
6 クレジット利用の有無。
7 相手業者の会社名 ・ 会社住所
8 商品サービスを受け取り済みか 未受領か
9 取引の形態 (訪問販売や電話勧誘など)
10 クーリングオフ代行依頼か、まずは相談か
11 「家族に内緒にしたい」などのご要望
ご依頼の際は、契約に関係する書類を「写真メール添付」で送信、または FAX でお送り下さい。
写真は、スマホなら、大中小の 「大」 でお送り下さい
ご協力の程、宜しくお願いいたします。
 コンビニでFAXを送信する方法


メールの送受信エラーについて
写真をメール添付で送信する際は、添付ファイルが重いと、受信遅延や、送受信エラーが起こることがあります。

写真1枚ごとに、何通かのメールに分けて送信を行えば、送受信エラーが起こりにくくなります。

メール送信後、数時間経っても返答が無い場合、送受信エラーの可能性があります。念のためお電話下さい。






Index に戻る