クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
英会話 就活対策スクール
路上や書店でのアンケート商法
20代の若者を中心に、書店や路上で突然声をかけ、英会話や、就職活動についてのアンケートを行う
「英会話スクールのアンケート商法」。

路上・書店
書店の店内で突然呼び止められ、
アンケートを求められた
繁華街の路上で突然声をかけられ、
アンケートを求められた
就職活動中に突然呼び止められ、
アンケートを求められた
電話勧誘・テレアポ
ある日突然電話がかかってきて、
アンケートを求められた
新成人の名簿や、学生名簿を利用して
電話勧誘を受けた

アンケートに応じたところ、説明会に参加する約束をさせられた、

後日、何度も電話がかかってきて、説明会に来るようしつこく誘われた、

などのご相談が寄せられています。
就職活動を、勧誘の口実に利用
20代の若者を中心に勧誘を行うケースが多く見られます。

以前は、学生や若い社会人を対象に、英会話スクールや英会話講座の契約を勧めるタイプが多かったのですが、

最近では、就職活動中の大学生を呼び止めて、

「学生の皆さんを対象に、
 就職に関する意識調査を行っています」
「就職活動に役立つ情報を提供しています」

などと、就職対策を口実に呼び止めるケースも増えています。

アンケートの名目で個人情報を聞き出し、後日電話をかける
説明会やスクーリング、見学会、就職カウンセリングなどの名目で関心を持たせ、スクールに直接来るよう、約束を取り付ける
スクールを訪れたところ、英会話やTOEICスコアの重要性や就職不安について説明され、そのまま契約締結の話しとなる。
契約を断ろうとすると、「甘えている」「やる気が無い」「後ろ向きだ」「自分を変えないと」などと、人格を否定されるケースも。
意識高い系の勧誘
意識高い系の、押し付けがましい勧誘が多く、

説教めいた、押し付けがましい勧誘
無意味に上昇志向な勧誘

あなたのためを思って、親切で言っている
そんな後ろ向きな考えだから駄目なんだ

などと、 「契約をしない」→「甘えた駄目な人」 というレッテル貼りが行われ、強引な論理で勧誘が行われるため、不快にさせられることも多く、

クーリングオフ代行の依頼理由についても、

食ってかかるような、勧誘のしつこさ
親切めいた押し売り
余計なお世話で迷惑だった
人格を否定され、不快だった

などの理由が多く聞かれます。

自宅に何度も電話が来て、会う約束を断れなかった。
見学会だけだと思って行ったところ、突然契約の話になった。
契約を断ろうとしたものの、

「向上心が無い」
「自分自身と、もっと真剣に向き合わないと」
「今日できることは、今日するべき」

などとなじられた。
70万円近い契約で、「学生の自分には高すぎる」「親に相談したい」と断ろうとしたが、

「もう子供ではないのだから」
「そんなことでは社会人として通用しない」
「社会に出たらそんな甘えは許されない」

などと、「契約をしないのは甘え」 と説教をされてしまい、今日中に契約するよう迫られた。
相手から説教されてしまい、契約しないと帰れない雰囲気になってしった。
勧誘が数時間に及び、しつこくて断り切れなかった。

などのご相談が寄せられています。
よくある勧誘
路上を歩いていたところ、突然若い女性に呼び止められた。

英会話や就職についての意識調査を行っているらしく、「アンケートに協力して欲しい」と頼まれたので、軽い気持ちでアンケートに記入した。
数日後、アンケートに記入した電話番号を見たのか、担当者から電話が掛かってきた。

「就職活動に役立つ説明会を行っています。就職活動に役立つ最新の企業情報も提供しています」

「説明会と就職カウンセリングをやっているので、まずは参加して欲しい」

などと説明された。

就職活動に役立つ情報には興味があったので、とりあえず説明会に参加してみることにした。
スクールを訪れたところ、大きな説明会場ではなく、個別のブースに案内され、1対1でスクールについての説明が始まった。

ビデオを見せられ、感想を聞かれた後、担当者から、

「就職活動には、英会話やパソコンスキル、資格取得が必須です。特に、新卒採用について、企業は英語力を重視しています」

「TOEICは何点ですか?」
「・・・そのスコアでは心配ですね」

「就職活動に成功する方の多くは、就職活動への意識が強く、大学に入ってすぐ、ダブルスクールで勉強を始めるんです」

「英会話スクールに通ってTOEICのスコアを上げたり、パソコンスキルを身につけたり、就職に役立つ資格を取得したり、就職活動に失敗しないよう、早い時期から準備しているんです」

「将来の夢はありますか?」

「希望の自分になるためには、まず自分自身を変えないと。こうしている間にも、他の人に差をつけられているんです」

「それに、勉強する環境って大事ですよね。当校に通う方は、皆さん目的意識を持ったポジティブな人達です」

「目的意識を強く持った人たちと一緒に勉強することで、英会話やパソコンスキルだけでなく、ポジティブな考え方を身につけることが出来ます」

「当校は単なる英会話スクール、パソコンスクールではありません」

「実際の就職活動に役立つスキルを身につけることができますし、面接対策や最新の企業情報を提供することができるんです」

「当校独自のノウハウで、大学生の就職活動をサポートしています」

「自分を変えるためには、まず第一歩を踏み出さないと。自分を向上させるには、まず行動を起こさないと」

「後でキャンセルすることもできますから、まずは今日結論を出しましょう」

「しばらく通学して、どうしても気に入らなければ相談して下さい」

「学生の皆さんを支援するために、教育クレジットもご利用いただけます」

などと、就職に役立つ説明会のはずだったのに、いつのまにか契約の話しになってしまった。
数十万円もする契約をいきなり勧められても、急には決められないので、

「一度帰ってよく検討したい。金額も大きいし、自分では決められない。親に相談してから決めたい」

と伝え契約を断ろうとしたところ、

「自分の将来の問題なのだから、自分の意思で決断しないと。親に甘えた考えを捨てて、自立した大人にならないと」

「自分自身を変えるには、まずその考え方から変えないと駄目。社会に出たら、自分のことは自分で決めないといけないんだよ」

などと、「契約しないのは甘え」「自分自身から逃げている」と人格否定されてしまった。
なんとか断ろうと、「まだ学生なのでお金が無い」と言ったものの、

「学生だからというのは甘え。自分の将来のためにアルバイトをすればいい」

「クレジットを利用すれば、月々25,000円程度で大丈夫」

「自分のために、たったそれだけも投資できないの?まず自分自身を変える努力をしないと」

「行動で示さなきゃ。まず第一歩を踏み出さないと。今日、この場で、自分を変えると決心しないと」

などと、繰り返し説得されてしまった。
その後もなんとか断ろうとしたものの、

勧誘は数時間続いてしまい、契約しないと帰してもらえない状況になってしまった。

そのうち担当者の上司も勧誘に加わったため、断り切れなくなり、仕方なく契約することにした。
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
 クーリングオフ事例集 に戻る
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る