クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
結婚相手紹介サービス
結婚相談所 のクーリングオフ
結婚情報提供サービス
結婚相手紹介サービス
結婚相談所

は、「特定継続的役務提供契約」に該当する契約であれば、

営業所で契約した場合であっても、
自分の意思で、お店や営業所に出向いて
契約した場合であっても、

「クーリングオフ制度」「中途解約制度」の適用対象となります。

結婚情報提供サービス
結婚相手紹介サービス
結婚相談所
単なる交際相手の紹介は含まれません

大手事業者のコース契約では、初期活動費用として20万円〜40万円程度かかる事が多いため

自宅に戻ってから、よく考えたが、
やはり高額なので考え直したい

という、予算面での解約理由が多く寄せられています。なお、念のため、

クーリングオフに解約の理由は必要ありません
よくある契約費用の項目
大手事業者では、12カ月分の活動費を、
契約締結時にまとめて先払いするタイプが
多く見られます。
入会金
登録料
2万円〜3万円程度
活動初期費用 5万円〜数十万円
月会費 月額 数千円〜2万円程度
活動期間 12カ月会員など、
契約内容により異なる
成婚料 必要な事業者と、
無い事業者とがある
契約時に数十万円の初期活動費用を払い、
月額会費は別途支払うタイプもあります。
活動期間は12カ月の契約が多く、
2年目以降は契約更新が必要となることも
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
特定継続的役務提供契約
特定継続的役務提供契約に該当するには、
下記の要件を充たす必要があります。

金額要件
契約金額が5万円を超えるもの
期間要件
サービスの提供期間が2カ月を超えるもの
役務の内容
結婚を希望する人への異性の紹介
に係るサービス提供契約であること
単なる交際相手の紹介は含まれません
  例  結婚情報提供サービス
  例  結婚相談所
  例  結婚相手紹介サービス
登録会員の中から、希望条件に合う
結婚相手の情報を提供するサービス
定期的な情報提供に加え、
インターネットや情報端末を使って
自分でも候補を検索できるサービス
仲人業など、従来からある、
結婚相手の紹介や、
お見合いのあっせんを行うサービス
関連商品
上記のサービス契約に関連して購入した
指定された関連商品であること。
指輪 婚約指輪 装身具
真珠 ジュエリー 貴石・半貴石
ネット専業婚活サイト
金額要件(5万円を超えること)について、

たとえば、比較的低額な料金で利用できる
「インターネット専業の婚活サイト」については

契約金額が5万円を下回るなど、特定継続的役務提供契約に該当しない場合があります。

ネット専業婚活サイトの例
入会金 10,500円
月会費 月額2,000円
会員期間 月単位 あるいは 1年間会員
成婚料 なし
  上記の例では、年会員の場合でも、
  支払金額合計が50,000円を超えず、
  特定継続的役務提供契約に該当しない。
つまり、特定商取引法に基づくクーリングオフ制度が利用できない場合があるため、契約書等に「自主的なクーリングオフ制度を認める特約」が無いか、確認が必要となります。
関連商品のクーリングオフ
結婚情報提供サービス、結婚相手紹介サービスの契約は、特定継続的役務提供契約に該当する場合、

サービス提供契約だけでなく、関連して購入した商品(指定された関連商品)についても、クーリングオフ制度の対象となります。

特定継続的役務提供契約の関連商品としては、下記の商品が指定されています。

関連商品
真珠及び貴石並び半貴石
指輪やその他の装身具

なお、結婚情報提供サービスの大手事業者では、ジュエリーや婚約指輪の販売が行われることは、まれですので、

大手事業者と契約をされた方には、あまり関係が無いかもしれません。
ジュエリー販売の複合契約
これは、過去にごく一部の業者が行っていた、

結婚相手紹介サービスと、
ジュエリー販売の複合契約

を念頭に置いたものです。例えば、

セールストークの例
「当社の結婚相手紹介サービスには、幾つかのコースがあります」

「会員登録費用の全額をお支払いいただく「通常コース」と、会員登録費用の代わりにダイヤを購入していただく「ダイヤ会員コース」 とがあります」

「通常コースの場合、確かに費用はダイヤ会員コースよりも安くなりますが、活動が終了したら、それでお終いで、後には何も商品は残りません」

「しかし、ダイヤ会員コースを利用すれば、ダイヤを購入していただくことで、会員登録費用が全額免除となる上に、活動が終了した後も、ダイヤという資産が残ります」

「無事にお相手が見つかって、成婚に至れば、当然、婚約指輪が必要となりますよね?」

「ダイヤ会員コースを利用していれば、ダイヤをすぐに婚約指輪にすることができます」

「もし不運にも、お相手が見つからず、成婚に至らなかった場合でも、ダイヤという資産が残りますので、無駄にはなりません」

「それに、もし将来、結婚相手が見つかった場合には、このダイヤを婚約指輪にすることができます」

「ダイヤのお直しも受け付けていますので、リングにすることも、ペンダントにして自分で使うこともできます」

「確かにダイヤ会員コースを利用すると、金額は大きくなりますが、あとあとの事を考えれば、お徳です」

「ほとんどの方は、お得なダイヤ会員コースを選択しています」

などと、一部の事業者が、結婚相手紹介サービスをジュエリーを販売する手段として利用していたため、関連商品に指定された経緯があります。

特定商取引法が改正された2003年以降は、この複合契約に関する相談は減少しています。
 クーリングオフ事例集 に戻る
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る