クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
絵画商法  絵の次々販売
繁華街や駅前で突然呼び止められ、画廊に連れて行かれ、高額なシルクスクリーンなどの絵画の勧誘を受ける、

絵画のキャッチセールス 絵画商法

最初の契約をクーリングオフをしなかった方は、後日、二度目の勧誘を受けることがあります。

絵画商法 次々販売
絵画の展示会商法
展示会に行くと、再び勧誘が
契約後しばらくすると、会報や個展の案内が郵送されてきたり、担当者から誘いの電話が来ることがあります。

画家の○○先生が来日します。
それを記念して個展が開催されます。
ぜひ見に来て下さい。
オーナー懇親会も開催されますので、
この機会に遊びに来て下さい。
画家の先生の来日記念サイン会
画家の先生の来日記念展示会
他の作家の個展や展示会
オーナー懇親会やパーティー

展示会に遊びに行ったところ、再び担当者から勧誘を受け、原画など、新たな絵を購入するよう勧められます。

1回目の勧誘
路上での呼び止め
絵画商法 キャッチセールス

クーリングオフしなかった場合

2回目の勧誘
電話などで展示会に招待される
絵画の二次勧誘 次々販売

再びクーリングオフしなかった場合

3回目の勧誘

支払い能力が続く限り、
繰り返し勧誘が行われることがある
絵画商法 よくある二次勧誘
少し前に、キャッチセールスで絵画を購入してしまったが、クーリングオフをしないまま8日間が経過してしまった。

契約後、しばらく経ってから、会報のようなものが届くようになった。

自分が購入した絵の作家が来日するらしく、個展の案内も郵送されて来たが、特に興味も無かったので、そのままにしていた。
個展開催の案内が届いてから数日経って、久しぶりに契約担当者の女性から電話が来た。

「個展開催の案内は届きましたか?来週、画家の先生が来日するんです」

「それに合わせて先生の個展が開催されますので、ぜひ遊びに来て下さい」

「先生と直接会えるチャンスです。もしかすると、サインをもらえるかも」

「私も○○さんとまた会って、お話しがしたいです。いい機会ですから、ぜひ遊びに来て下さい」

などと、展示会に遊びに来るよう誘われた。

「既に、高額な絵を購入しているのだから、いまさら勧誘を受けることも無いだろう」

と軽く考え、展示会に遊びに行くことにした。
当日、展示会場に入ると、担当者が迎えてくれ、いろいろと説明をしながら、会場を案内してくれた。

しばらくすると、絵の展示場所から少し離れたところに案内され、

「何か気になった作品はありましたか?」

「○○さんは、先生の作品の価値が判る、特別な理解者ですので、特別に、先生の原画を用意しました」

「原画は本来、美術館やコレクター、富裕層の方が購入する物です。当然、一般の方が購入できる機会は、ほとんどありません」

「しかし、○○さんは先生の特別な理解者ですので、当社の社長から、特別に販売の許可がおりました」

「原画というのは、シルクスクリーンとは異なり、世界にたった1枚しかありません。普通は美術館などでしか鑑賞することはできません」

「コレクターの収蔵品ともなれば、美術館への貸し出しでもない限り、一般の方の目に触れる機会はありません」

「原画の所有者は、画集にオーナーとして名前が載ったり、美術館から貸出要請が来るなど、先生の特別な理解者として、世界中に名前を知られることとなります」

「後世、先生の評価が高まれば、原画の希少性も当然高まります。希少性という意味では、ある意味、資産のようなものかもしれません」

「社長からも、

「○○さんのような特別な理解者に原画をお譲りしなさい」「先生もきっとお喜びになる」「他の人には売らないように」

と言われています」

などと、原画を購入するよう勧誘が始まった。
先日購入したシルクスクリーンは、100枚作られた石版画の1枚なので、金額も数十万円で済んだが、

今回は原画であり、軽く100万円を超える金額だった。そんな高額な絵は買えない、必要ないと、繰り返し断ろうとしたが、

「原画は希少性があります。将来を考えれば、無理をしてでも購入するべきです」

「原画を購入できるチャンスは、二度とないかもしれせん。原画を購入できるなんて、先生のファンとして、こんな幸せなことはありません」

「予算的に厳しいのであれば、値引きできないか、もう一度社長と交渉してみます」

などと、今回もしつこく勧誘が続いた。

結局、前回と同様に、契約しないといつまでも帰れない状況となり、仕方なく契約することになってしまった。
2回目の契約でも
絵画商法の二次勧誘により、展示会場に呼び出されて絵画を購入した場合について、

それが2回目の契約であったとしても、
クーリングオフ制度の適用対象となる
可能性が考えられます。

クーリングオフが可能か、まずは当事務所にご相談下さい。
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
クーリングオフ手続代行の活用
絵画商法では、専門事務所のクーリングオフ手続代行が効果的です。
しつこい勧誘、解約妨害を抑止します。
専門事務所のクーリングオフ手続代行により、業者側は「これ以上勧誘しても無駄だ」と判断します。

一人で対応するより、当事務所にご相談下さい。
絵が届いた日からではありません
意外に多いご相談ですが、

クーリングオフ期間は、絵が届いた日から
起算するのではありません。
クーリングオフ期間は 申込日から 数えます。
申込日を含めて8日間以内に
販売店に宛てて、クーリングオフの通知書を発信(発送)する必要があります。
「絵が届いてからだと 勘違いしていた

というご相談が多く寄せられています。

絵画のキャッチセールスについて、詳しくは
 絵画のキャッチセールス
ショッピングセンターなどで、
たまたま立ち寄った絵の展示会。
別に強引な勧誘を受けた訳では無いが、
勧められるまま、絵画を購入してしまった。
 たまたま立ち寄った絵の展示会
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る