クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
ミシン の訪問販売
ミシンの訪問販売 よくあるご相談
自宅に配られたチラシに、

「ミシンが今なら9,800円で購入できます」
「ミシンの修理・メンテナンスが、今なら500円」

などと書かれていた。
9,800円なら安いと思い、チラシに書かれていた電話番号に電話をしたところ、担当者が自宅に持って来てくれることになった。
後日、担当者が自宅に訪問してきた。
担当者は9,800円のミシンを取り出し、使用方法について説明を始めたが、しばらくすると、担当者が、

「このミシンは、確かに9,800円と安い値段なのですが、正直、性能は値段相応のものです」

「ちょっと使う程度なら、この価格帯の物でもいいとは思いますが、耐久力に問題がありますので、本格的にミシンを使う方には、不充分な性能です」

などと言い出し、今度は高そうなミシンを持ってきた。
「最新のコンピューターミシンには、様々な機能がありますので、これから実演させていただきます」

「コンピューターミシンなら、基本縫い、模様縫い、文字縫いなど、数百種類のパターンを使いこなすことが出来ます」

「ミシンは10年、20年と使うものですから、安いミシンよりも、本格的なミシンを購入した方が、結果的にお得です」

「今なら、古くなったミシンを下取りに出すことができます。下取り値引きとして、50,000円値引きすることができます」

などと説明しながら、20万円ほどするコンピューターミシンを購入するよう、勧めてきた。
最初は9,800円のミシンを買うつもりだけだったので、高額なミシンの勧誘が始まったことに抵抗を感じたが、担当者から色々と説明を受けているうちに、興味を持ってしまった。
結局、勧められるまま、契約書にサインをして、コンピューターミシンはそのまま受け取ることになった。
しかし、帰宅した家族にミシンを見せたところ、

「高すぎる。いまどき数万円も出せば、しっかりしたミシンが買える」

などと言われ、契約を反対されてしまった。
既にミシンを受け取って、使用している状態だが、今からでもクーリングオフはできるのだろうか?

よく、

「既にミシンを使用してしまったのですが、
クーリングオフはできますか?」

というご相談が寄せられますが、通常の使用程度であれば、既にミシンを使用していても、クーリングオフ期間内であれば、クーリングオフ制度を利用することができます。違約金や損害賠償も、原則として必要ありません。
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
 訪問販売 ページ一覧に戻る
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る