クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
オール電化契約者を勧誘する
IH専用鍋の訪問販売
最近ご相談が増えているのが、オール電化契約者を狙った二次勧誘とも言える、IH専用鍋セットの訪問販売です。
過去に、訪問販売でオール電化 (IHクッキングヒーター)の契約をした方が勧誘の対象となり、
契約後しばらく経ってから、「IHクッキングヒーターの使用方法を説明します」 などと訪問してきた担当者から、30万円近い 「IH専用鍋セット」 を購入するよう勧められます。
よくある勧誘
数ヶ月前、訪問販売業者の勧めでオール電化工事の契約を申し込み、自宅にエコキュートとIHクッキングヒーターを設置した。

以前からオール電化には興味があったので、特に不満も無く、クーリングオフはせずにそのまま使っていた。
契約から数ヶ月が経ち、オール電化工事を契約した訪問販売業者から再び電話があった。

「先日はご契約ありがとうございました。その後、オール電化機器はご利用いただいておりますでしょうか?」

「実は、他のお客様から、「IHクッキングヒーターはガスコンロと勝手が違うので、なかなか使い慣れない」というご相談が寄せられております」

「アフターフォローの意味も込めて、IHクッキングヒーターの使用方法について、もう一度説明させていただきます」

「実際に料理を作りながら説明させていただきますので、キッチンや水道を、少しだけお借りできますでしょうか?」

「料理も説明も、もちろん無料で行なわせていただきます」

などと誘いを受けた。

自分としても、まだIHクッキングヒーターに慣れていなかったので、担当者に説明に来てもらうことにした。
調理器具と食材を持って、担当者が2人やって来た。

食材の仕込みが終わると、担当者は鍋をいくつか取り出し、IHクッキングヒーターを使いながら、調理と説明を始めた。

「このお鍋はIH対応の鍋ですから、IHクッキングヒーターでも、ガスコンロと同じように料理をすることができます」

「このIH鍋であれば、多層構造鍋なので、熱伝導率が良く、IHクッキングヒーターでも鍋全体にムラ無く熱が伝わります」

「小さな熱も全体によく伝わりますし、特殊技術でコーティングしてありますので、焦げ付きも起こりません。」

などと、繰り返し鍋の良さを説明された。

鍋自体は良い物のようで、確かに料理も上手に調理できていた。

鍋は、セット価格で30万円近くするとのことで、一旦は「高いかな」と購入を躊躇したものの、鍋の良さを繰り返しアピールされて、ついその気になってしまった。

結局、鍋セットの契約をすることに決め、契約書にサインをした。

その日のうちに商品を受け取り、今まで使っていた古い鍋は、下取りということで、持っていってもらう事になった。
しかし、契約後、家族に鍋セットを購入した話しをしたところ、「高すぎる」と反対されてしまった。

家族に反対されて、冷静になってよく考えると、最初は、IHクッキングヒーターの説明に来るという話だったのに、いつの間にか、IH専用鍋を買う話になっていたことに疑問を感じるようになった。

「IH機器の説明をする」「アフターフォローです」と言っていたが、最初から鍋セットを販売することが目的で自宅を訪問してきたのではないのか?

既に鍋セットは開封してしまっているが、まだ8日間は経過していない。今からでもクーリングオフできるだろうか?
オール電化契約者を狙う二次勧誘は、下記のタイプが見られます。

同じ販売店からの再度の勧誘
以前に訪問販売でオール電化の契約をした同じ販売店が「IH機器の使用方法について説明させていただきます」「調理の実演を行ないますので、キッチンを使わせて下さい」などと、再度訪問してくるケース
関連会社からの再度の訪問販売
以前にオール電化の契約をした販売店の関連会社を名乗る業者が、「委託を受けて、IH機器の使用方法について説明に伺いました」などと訪問してくるケース
他社からの訪問販売
顧客名簿の売買などにより、オール電化契約者の個人情報を入手した業者から訪問を受けるケース
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
鍋セットのホームパーティー商法
古くからある鍋セットの販売方法に、「ホームパーティー商法」があります。詳しくは、

鍋セットのホームパーティー商法
料理を実演しながら鍋の紹介をする
一般的な訪問販売
 訪問販売 ページ一覧に戻る
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る