クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
換気扇フィルター
室内コーティング工事
主に、マンションの入居者を対象に勧誘を行う、「換気扇フィルターの訪問販売」。

レンジフードや換気扇、給気口にフィルターを設置するよう勧める訪問販売ですが、訪問の際に

管理会社から委託を受けて、
換気設備の使用方法について
説明に伺いました
入居者全員に説明をさせて
いただいております

などと、誤解を招く説明をすることがあるため、つい勘違いをして、ドアを開けてしまうことがあります。
注意点
フィルターの訪問販売は、「数十万円のコーティング工事」の勧誘を行うための、きっかけとして利用されることがあります。
フィルターの訪問販売 よくある相談
自宅マンションに男性が訪問してきた。

「管理会社から委託を受けて、換気扇の使用方法の説明に伺いました」

「全ての入居者に説明を行っています」

などと言いながら、部屋にあがりこみ、台所の換気扇や給気口を調べ始めた。
しばらくすると、男性は、

「マンションの設備を汚さないよう、換気扇には、フィルターを設置しなければなりません」

「このままでは、排気ダクトに油汚れがびっしりと付いてしまいます」

「給気口にもフィルターを設置しないといけません。外気の汚れで室内が真っ黒になってしまいます」

などと、フィルターを設置するよう勧めてきた。
「管理会社から委託を受けている」と言っていたため、なんとなく、「設置しないといけないのかな?」という流れになり、そのまま設置してもらうことにした。
後日、マンションの管理会社に問い合わせたところ、

「管理会社とは何の関係もありません。他の入居者からも同様の問い合わせが来ています」

とのことだった。
既に商品は受け取っており、フィルターも設置された状態だが、今からでもクーリングオフできるだろうか?

勧誘のきっかけは、マンションへの突然の訪問です。

管理人のいない時間帯を狙うことが多いため、訪問は夕方から夜にかけて、あるいは、土日祝日の訪問が多く見られます。

金額 数千円〜数万円
(数量により異なります)
種類 フィルター用の専用枠
交換用のフィルター(不織布)
換気扇 レンジフード 給気口
次なる勧誘に注意が必要です
換気扇フィルターの訪問販売と同時に、
あるいは後日、

数十万円する、室内コーティング工事
防カビコーティング工事
ハウスクリーニング
業者によっては、浄水器や活水器

などの勧誘が行われることがあります。
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
室内コーティング工事の訪問販売
分譲マンションの入居者を狙う
室内コーティング工事
防カビ工事
ハウスクリーニング工事

換気扇フィルターの契約者のうち、担当者から「脈がある」と判断された契約者は、室内コーティング工事、ハウスクリーニング工事の勧誘を受けることがあります。

換気扇フィルターの訪問販売は、あくまできっかけ作りであり、勧誘の本命は、室内コーティング工事やハウスクリーニング工事、ということになります。

キッチン周りのフッ素コーティング
フローリングのコーティング
クロス(壁紙) のコーティング
浴室・トイレのコーティング
防カビコーティング・防カビコート
ハウスクリーニング工事

工事には、2つのタイプがあります。

1 数万円の簡単なコーティング工事
2 数十万円の本格的なコーティング工事
数万円の簡単なコーティング工事
契約すると、すぐにその場で簡単な工事を行い、その日のうちに、数万円程度の工事代金を現金で回収していくタイプ。
「浴室を簡単にささっと拭いただけで、何か薬剤のようなものを塗り始めた」
「雑な掃除をしただけで、いきなり薬剤を塗っても、コーティングの効果が疑問」
「作業自体は、20分もかからずに、あっという間に終わった」
「なんだか 「これだけ?」 という感じだった」
「代金は、その場で現金で支払った」 (後日、集金のため再度訪問するケースもあります)
「領収書と書かれた、簡単な契約書らしき書類を渡された」
数十万円のコーティング工事
半日ほどかけ、本格的に工事を行うタイプ
工事日を決め、後日工事のために再訪問
代金は完工後払い。工事完了後に支払う
よくある勧誘
ある日の夕方、自宅のマンションに

「管理会社の委託を受けて、説明に伺いました」と言って、男性が訪問してきた。

「入居者の方に、設備の使用方法について説明を行っています」と言いながら、部屋にあがりこみ、換気扇の使い方の説明や、給気口の手入れの仕方を説明してくれた。

そして「室内が汚れないよう、換気扇や給気口にフィルターを設置した方が良い」などと言い出し、フィルターと専用の枠を設置するように勧められた。
さらに、

「キッチン回りや室内のクロスは、しばらく暮らしていると、すぐに汚なくなってしまいます」

「せっかく綺麗な新築マンションなのに、すぐに汚れてしまっては、もったいないですよね」

「でも、キッチン回りや、室内のクロスにコーティング工事を行えば、汚れを寄せ付けず、いつまでも綺麗な状態を保つことができます」

「汚れてしまってからでは手遅れになります。まだ綺麗な今のうちに、コーティング工事をした方がいい」

「床のフローリングも、床に傷がつく前に、フロアコーティングの工事をした方がいい」

「浴室も、カビが発生してからでは手遅れになります。まだ綺麗ないまのうちに、防カビ工事をした方がいい」

などと、いつのまにか、コーティング工事やハウスクリーニング工事の勧誘が始まった。

自分としても、せっかくの新築マンション、綺麗な状態を、できるだけ長く維持したいと考えていたので、勧められるまま、コーティング工事をお願いすることにした。
しかし、あとから冷静になってよく考えてみると、最初の訪問の仕方に疑問を感じる。

マンション管理会社に確認したところ、「管理会社とは関係の無い業者です。他の入居者の方からも似たような問い合わせが来ています」と言われてしまった。
 訪問販売 ページ一覧に戻る
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る