クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
鍋セットのホームパーティー商法
鍋セットの販売方法として有名なものが
「ホームパーティー商法」です。

知人からホームパーティーに誘われ、
知人宅に赴いたところ、
実はその知人が販売員だった。
知り合いから説明を受けたこともあり、
あまり警戒することもなく、
商品を購入することとなった。

知人関係  ホームパーティー形式

という、くつろいだ雰囲気を利用して商品を販売する手法です。大きく分けて

知人の紹介 (訪問販売タイプ)
知人の家に集まり、知人(又は知人から紹介された販売員)が鍋を使った調理実演を行い、購入を勧めるタイプ
マルチ商法タイプ
販売員登録しているディストリビューターがホームパーティー形式で知人を集め、鍋を使った調理実演を行いつつ、マルチ商法への参加と、高額な鍋セットの購入を勧めるタイプ

2つのタイプがあります。
知人の紹介
訪問販売に該当するタイプ
突然知人から電話があり、

「知り合いがうちで料理の実演を行なうから、見に来るといい」

と誘われた。

誘われるまま知人の家に行くと、他にも誘われたらしく、何人か知人が集まっていた。

自分を誘ってきた知人に聞くと、「鍋の販売業者さんが、鍋を使った調理の実演を行って、料理を作ってくれる。もし気に入ったら買うこともできる」とのことだった。

知人の招待で、なおかつ、他の知人も数人いることもあり、それほど警戒せずに実演を見ることにした。

さすがに手馴れたもので、販売員が鍋を使って手際よく調理していく。

「この鍋なら、油が少なくて済むのでヘルシーです。5層構造で熱伝導も良く、保温性もよいのです」

「少ない火力で効率よく調理できます。圧力鍋のこんな使い方をご存知ですか?」

などと、鍋の良さをさりげなくアピールされた。

料理はとても上手に調理されており、料理を試食しながら、友人同士の会話も弾んだ。

友人同士の会話でも、「このお鍋はよい」「使い勝手が良い」という話しとなり、友人の一人が鍋セットの契約をすることになった。

自分や他の友人もつられてしまい、それぞれ、鍋セットの契約をすることになった。

ホームパーティー名目で知人宅に集まり、
知人宅 (つまり、販売店の営業所等以外の場所) で契約をした場合、
「訪問販売」に該当するため、クーリングオフ制度(8日間)の適用対象となります。

もし取引形態がマルチ商法やネットワークビジネスに該当するタイプの場合は、
クーリングオフ期間は20日間となります。
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
料理を実演しながら鍋の紹介をする
一般的な、鍋の訪問販売
よくある勧誘
自宅に突然電話があり、

「当社の商品の宣伝の一環として、料理の実演を行なっております。料理と実演は無料です。実演のため、キッチンを少し貸して下さい」などと誘いを受けた。

料理には興味があったので、訪問を受けることを承諾し、担当者に自宅に来てもらった。

担当者は鍋や調理器具、食材などを持参して、実際に料理を作って見せてくれた。

ところどころで、「5層構造で熱伝導率も良く、保温性も高いんです。無水調理もできるんですよ」「焦げ付き難いので、長持ちします」「IHクッキングヒーターでも使えるんです」などと、鍋の良さをアピールしていたものの、手際よく調理を実演してくれた。

鍋セットの値段は30万円近くするものだった。価格はともかく、商品自体は悪い物ではないように感じた。

訪問販売ではあったものの、商品の勧誘は実演によるアピールが主で、特に悪い印象は受けなかった。料理も美味しく仕上がっていたため、商品に興味を持った。
オール電化の二次勧誘  IH専用鍋
最近ご相談が増えているのが、オール電化契約者を狙う、二次勧誘とも言える訪問販売です。

 オール電化用 鍋の訪問販売
    訪問販売 ページ一覧に戻る
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る