クーリングオフ手続の代行と ご相談
澤田行政書士事務所
電話相談無料  朝8時〜夜2時 まで 電話対応
日本全国対応 053-596-9435
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
よくある電話勧誘
「勧誘リストから削除してあげる」
教材の電話勧誘二次被害、名簿削除商法

「過去に通信教育の契約をしませんでしたか?」
「被害調査で発見されたカモリストに、あなたの名前が確認されました」
「このままでは個人情報の載ったカモリストが流出し、大変なことになります」
「今から言う名前に、聞き覚えのある会社名はありますか?」
「最近、不審な電話、電話勧誘が来ていませんか?」
「今後、複数の業者から勧誘や請求が来て、大変なことになる」
「名簿からあなたの名前を削除することも可能だが、それには費用がかかる」
「会員登録すれば、顧客保護・会員サービスとして個人情報削除要求を行う」

資格商法被害者、二次勧誘の被害者を狙い、名簿業者などから入手した顧客名簿(カモリスト)の契約者情報を利用して

「個人情報が流出している」
「二次被害や多重債務など、
放置すれば大変なことになる」

などと不安感を煽り、その一方で

「今後、勧誘がこなくなるよう、
個人情報を削除してあげます」
「当社の顧客になって頂ければ、
顧客サービスとして削除が可能です」
「費用は、全国800箇所ある
名簿管理団体への郵便料金だけでよい」

などと、実際には存在しない解決策があると錯覚させ、削除費用の代わりと称し、商品を購入するように仕向けます。

当然の事ながら、この名簿削除商法は、単なる二次勧誘業者に過ぎず、名簿の抹消変更とは何の関係もありません。

名簿業者などから過去の契約者情報を入手し、入手した個人情報を利用して、あたかも関係があるかのように装い、新たな商品売買契約や、サービス契約を獲得することが目的です。
勧誘の流れ
自作自演
勧誘の下準備として、事前に偽名で勧誘電話をかけまくり、漠然とした、得体の知れない不安感を醸成させておく

信じさせる
入手した顧客名簿を利用して、過去の契約者情報を言い当て、個人情報を管理・入手できる立場の人間だと信じさせる

不安感を煽る
個人情報が漏れ、大変なことになる、二次被害に陥る、などと不安を煽り、混乱させる

逃げ道の用意
不安で混乱した頃合いを見計らって、偽の解決策を見せる。「会員になれば、個人情報を削除してあげる etc」

最後の仕上げ
個人情報削除と商品購入を無理やりこじつける。既に不安で混乱しているので、矛盾点に気づき難い。

その後の経過
しばらくすると、「あれ?変だな?」 と感じ始めるものの、勧誘電話が殺到する不安を思い、つい判断が鈍ってしまう
よくあるウソのセールストーク
「こちらは○○資格援護サポートセンターです。最近、しつこい勧誘電話にお困りではありませんか?」

「当センターの調査により、あなたの名前が「カモリスト」に載っている事が判明しました。このカモリストに載っていると、二次被害や多重債務など、次々と同じような資格商法被害にあってしまいます。このまま放置すると、大変なことになりますよ」

「カモリストからあなたの名前を削除する事ができます」

「この業界には会員登録名簿というものがありまして、その名簿に登録すれば、業界のルールにより、会員登録名簿に登録された他社の顧客を勧誘することができなくなります」

「ただし、会員登録名簿に登録するには、当センターの顧客であることが必要です。顧客になっていただいて、初めて会員登録名簿に登録申請ができるようになります」

「当センターの顧客になっていただくには、講座受講料として50万円が必要となります。これには、会員登録申請費用も含まれますので、契約により今後電話勧誘が来ることは無くなります」

「また、当センターの講座を受講することにより、ビジネス経営士の資格に合格していただくこともできます。今後の転職にも役立ちますので、決して損にはなりません」

「契約後、もし不審な電話があっても、すぐに当センターに相談していただければ、当センターが責任を持って個人情報削除要求を行います」
よくあるウソのセールストーク
電話勧誘の恐怖、将来の勧誘に対する不安を煽られた状況で、業者から「解決策がある」「助けてあげましょう」などと言われると、不安から免れたい一心で、つい「本当であって欲しい」と信じたくなってしまいがちですが、

無数に存在する名簿業者や、資格商法業者が既に保持する名簿から個人情報を全て抹消することなど、残念ながら不可能です。
クーリングオフは必ず書面で手続を
クーリングオフは必ず書面で手続を行います
クーリングオフの通知書を、書留や内容証明郵便で郵送するなど、クーリングオフの証拠書類を確保する必要があります。
電話をするだけでは、クーリングオフの証拠は残りません。詳しくは
 クーリングオフは、内容証明郵便で
教材の電話勧誘
典型的なセールストーク
いまなら助成金が出ます
あなたは推薦を受けた
契約は継続している。
受講はまだ修了していない
契約を更新するか、
修了する必要がある
今後勧誘が来ないよう、
名簿から削除してあげる
今後、勧誘電話が
来ないようにしてあげます
同じ会社が何度も勧誘
よくある威迫、
クーリングオフ妨害トーク
 電話勧誘 二次被害 一覧に戻る
 クーリングオフ手続の代行と ご相談
電話相談無料 053-596-9435
朝8時〜深夜2時 まで 電話対応
 行政書士がクーリングオフ手続を代行します
日本全国対応  東京 関東 関西 中部 全国
代行費用は 8500円〜15000円 程度です。
 5500件 を超すクーリングオフ代行実績
 クーリングオフ手続は 内容証明郵便で
 澤田行政書士事務所 ご相談/連絡先
  index ページに戻る